山本朋広副防衛相が泊まったホテルはどこ?宿泊した理由はなぜ?返金はしたの?

ニュース

新型コロナウイルス感染が国会で議論されている中で山本朋広副防衛相が
公費を使い都内ホテルに宿泊していたことが発覚
しかも、宿泊日数は146泊です

信じられない政治家の不祥事ですね

今回は

・山本朋広副防衛相が泊まったホテルはどこなのか?
・そもそもなぜホテルに宿泊した理由はなぜ?

・ホテル宿泊の返金はしたの?

について調べていきます

山本朋広副防衛相について

名前:山本朋広

年齢:44歳

出身: 京都府京都市左京区

所属:自由民主党

今回、国民の税金を使い都内のホテルに100日以上も宿泊したことが
わかった山本朋広副防衛相

京都府立北稜高等学校卒業でお笑いコンビチュートリアルの
徳井義実さんと福田充徳さんの同級生なんだそうです

高校を卒業後

関西大学商学部商学科に入学し
京都大学大学院法学研究科では、修士号を
取得しました

山本朋広副防衛相の学歴や経歴は凄いな~とは思いますが
政治家として国民の税金を使いこむなんて政治家としての資質を
疑ってしまいますね

山本朋広副防衛相が泊まったホテルはどこ?返金は

山本朋広副防衛相が公費を使い都内のホテルに宿泊したという報道は
毎日新聞が報じています

防衛省は2日、山本朋広副防衛相が公費約118万円を使い、146泊、
東京都内のホテルで宿泊していたと発表した。
山本氏は昨年秋まで東京都心の議員宿舎に入居していなかった。
防衛相不在時などの危機管理対応のためと説明しているが、
外部からの指摘があり、河野太郎防衛相から「議員宿舎に入るべきだ」と
注意を受けて宿泊をやめた。

現在も返金は求めていないという事です

新型コロナウイルスに苦しむ国民がいる中公費を使い
優雅にホテル暮らしって信じられませんね

自民党内では小泉進次郎議員や和泉&大窪不倫カップルなど
公費を不正に使いまくり何の責任も取らず

山本朋広副防衛相が泊まったホテルですが「グランドヒル市ケ谷」とのこと


東京都新宿区市谷本村町4-1

山本氏が宿泊していたのは同省のすぐそばにあり、同省関連団体が
運営するホテル「グランドヒル市ケ谷」。
最初に副防衛相に就任した2017年8月から18年10月の間に
134回(計107万7780円)泊まり、再任された19年9月から10月の間、
12回(計9万7650円)宿泊し、いずれも公費負担だった

なぜ?議員宿舎じゃなくグランドヒル市ケ谷に宿泊したのか?

気になるのがなぜ議員宿舎じゃなく都内ホテルに宿泊したのか?
ですよね

防衛省では、大臣不在時や北朝鮮のミサイル発射などの
危機管理対応のため副大臣や政務官に、都内で待機する「在京待機」を
割り当てている。

とのことですがそもそも議員宿舎は在京待機です

グランドヒル市ヶ谷
グランドアーク半蔵門は3つ星ホテルですが
元々職員の互助施設で8000円程度で使えます

なぜホテルに宿泊したのか?という疑問に

女性関係?
秘密にした客を招き入れていた
贅沢三昧したかった

などと推測の声もが上がっています

まとめ

今回は公費を使い都内ホテルに宿泊した山本朋広副防衛相について
調べてきました
国民の税金を使っておきながら何の謝罪も無しに返金すらしていないなんて
全く信じられませんね

本人の口からきちんと納得できる説明をするべきとの声が多く
上がっています

タイトルとURLをコピーしました