スポンサーリンク

岡田晴恵のWiki 怪しい言動や行動、評判は?結婚と出演料はいくら?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

いまだ収束の兆しが見えない新型コロナウイルスですが
毎日のようにテレビに出演している岡田晴恵んさんについて
気になる方が多いようです

そこで今回は

岡田晴恵さんのWikiは作られているのか?

テレビでの怪しい言動や行動評判

出演料はいくらなのか?

について調べていきます

スポンサーリンク

岡田晴恵のWikiは?経歴を詳しく

新型コロナウイルスが発生しテレビ出演の多い
岡田晴恵さんですがWikiはまだ作成されていないようです

そこでWiki風に経歴や学歴をまとめてみました

名前:岡田晴恵(おかだはるえ)

出身:東北?

年齢:58歳

配偶者:夫や子供の情報は未公開

高校:不明

大学:共立薬科大学大学院薬学研究科前期、順天堂大学大学院医学研究科後期中退

国家資格:薬学修士、医学博士

職業:白鴎大学教育学部教授(専門・感染免疫学、ワクチン学)
元厚生労働省国立感染症研究所ウイルス第三部研究員

スポンサードリンク



岡田晴恵は結婚してる?

お母さんのように親しみが持てて好感度も
ある岡田晴恵さん

岡田晴恵さんが結婚しているかどうかですが
現在情報がないためいまのところわかりません
ですが年齢的に見ても結婚している可能性は
高いでしょう

となると夫や子供はどんな人なのか気になってしまいますが
結婚に関して何かわかり次第追記していきます

岡田晴恵の著書とテレビオファーが多い理由

岡田晴恵さんは専門分野でもある感染症関連の
本を多く出版されています

インフルエンザと新型コロナ』(共著、岩波書店)、

『強毒型インフルエンザ』(PHP新書)、

『なぜ感染症が人類最大の敵なのか?』(ベスト新書)、

『感染症とたたかった科学者たち』(岩崎書店)、

『うつる病気のひみつがわかる絵本シリーズ』(ポプラ社)、

『学校の感染症対策』(東山書房)

『病いと癒しの人間史』(ペストからエボラウイルスまで)など

岡田晴恵さんへのテレビオファーが多い理由として
感染症研究者の第一人者という事と分りやすい説明、主婦受けする
キャラなどでしょうか?

ですが一部ネットでは岡田晴恵は「怪しい」「胡散臭い」などの
声も上がっています

岡田晴恵の怪しい言動や行動はなぜ?

岡田晴恵さんの説明はとても親しみが持ててわかりやすいとの
声がある一方で言動や行動が怪しいとの意見も

その原因って何なのだろうと調べてみると

日によっていうことがバラバラで信用できない

岡田晴恵さんの言動が日に寄って言ってることが全く違ったり
するとの声があるようです
新型の感染症という事で日々情報は変わってきますからしょうがないっちゃ
しょうがないですが・・・
情報が間違っていたら

「先週はこう言いましたが実はこうだったことが
分りました。間違った情報で混乱させて申し訳ございません」

など訂正をすると視聴者としても安心できますね

言動や行動が劇場型

岡田晴恵さんの言動はどこか劇場型でそのリアクションを
ホンマでっかTVでさんまさんも新しい強烈キャラの登場と
紹介されていました
新型コロナウイルスに関して解説するときもどこか
芝居っぽい感じで行動やジュスチャーが大きいのは確かです

感情が出やすい

新型コロナウイルスで隔離されている
人や政府の対応に対し怒りのような感情を出し
解説される場面がよくあります。
淡々と話す他の専門家と違って好感が持てるとの声が
ある一方で感情の起伏が激しいとの声も上がっているようです

岡田晴恵の出演料はいくら?

現在、岡田晴恵さんは1日に2本から3本
BSを合わせればそれ以上テレビ出演をされています

よく見かけるのはTBSとかテレ朝ですよね

岡田晴恵さんのテレビ出演料っていくらなんだろう?と
調べてみました

するとテレビの解説者の出演料は平均5万円のようです

月~金の1日2本のワイドショー番組に出演したとして考えると
1日10万円×5=50万円

1カ月で考えると200万円ほどもらえることになります

また、岡田晴恵さんとテレビ局側で出演料の交渉などが
あればそれ以上という可能性もありそうですね

まとめ

今回は岡田晴恵さんのWikiや怪しいといわれる理由
結婚や出演料について調べてきました

岡田晴恵さんが結婚しているのかどうかも気になりますが
出演料がこれだけ怪しいとか胡散臭いって言われて5万円って
安いのか高いのか?ちょっと微妙なところですね

個人的には岡田晴恵さんの解説はとても分かりやすいし
感染者の方や隔離されている人たちを本気で心配していると
いうのが分かって大好きです

これから体には十分気を付けて私たちに情報与えてほしいです

最後までお読みいただきありがとうございました

タイトルとURLをコピーしました