水野泰孝医師の経歴とプロフィール 学歴や結婚、子供はいるの

スポンサーリンク

現在日本でも猛威を振るっている新型コロナウイルスですが
テレビでよく見る水野泰孝医師とはどんな方なんでしょう?
水野泰孝医師さんの経歴やプロフィール、学歴などについて
調べていきたいと思います

スポンサーリンク

水野泰孝医師のプロフィールと経歴

まずは、水野泰孝医師のプロフィールから見ていきましょう!!

プロフィール

□タイトル

名前:水野泰孝

年齢:40代後半~50代くらい

医師歴:25年

出身:東京都港区

水野泰孝医師ですがお父さんが昭和40年から自宅で
小児科医院を開業していてその背中を見て育ったようです

中学3年生のころ初めて中国へ海外渡航で行き、とても刺激を受け
当時は外交官かパイロットになろうと夢見ていたんだそう

水野泰孝医師は大学生のころディズニーランドでバイトをしていたんだそうで
勉強よりもバイトに励んでいました
ですがディズニーランドのバイトで学んだ
SCSE(Safety, Courtesy, Show, Efficiency)の精神は
医師として仕事をする今でもっころ掛けていて日々実践している
ようです

経歴

東京慈恵会医科大学付属病院 臨床研修医(1994-1996)

東京慈恵会医科大学付属柏病院・第三病院 小児科助教(1996-1998)

東京慈恵会医科大学付属病院 感染制御部 診療医員(2003-2004)

国立国際医療センター(現:国際医療研究センター)国際医療協力局 厚生労働技官(2004-2005)

国立国際医療センター病院 国際疾病センター(現:国際感染症センター)厚生労働技官(2005-2010)

外務省 在ベトナム日本国大使館 一等書記官兼医務官(厚生労働省より出向)(2007-2009)

国際協力機構(JICA)感染症顧問医(2009-2017)

厚生労働省羽田空港検疫所 非常勤医師(2011-2019)

東京医科大学病院 感染制御部・渡航者医療センター 准教授(2010-2018)

東京医科大学病院 感染制御部 部長(2013-2015)

東京医科大学病院 感染症科 診療科長(2013-2015)

東京医科大学病院 国際診療部 部長(2016-2018)

一般病院・診療所 非常勤医師(2017-2019) 

ご挨拶  | グローバルヘルスケアクリニック-麴町駅徒歩1分の内科・小児科・感染症内科・渡航外来
 私はこれまで大学病院やナショナルセンターを基盤に小児科および感染症内科、特に熱帯感染症の臨床と研究、海外渡航者の健康管理など、いわゆる「グローバルヘルス」と呼ばれる領域に長年関わってまいりました。この度、この経験が直接生かされる医療サービスを多くの皆様に提供できるようにしたいと考え、プライマリケアを行う診療所を開設す...

学歴

私立駒場東邦中・高等学校(1982-1988)

昭和大学医学部医学科(1988-1994)

東京慈恵会医科大学大学院医学研究科(熱帯医学専攻)(1998-2003)

長崎大学熱帯医学研究所(1999)
(Diploma in Tropical Medicine)

タイ王国マヒドン大学熱帯医学部(2001)
(Diploma in Tropical Medicine & Hygiene; DTM&H)

バングラデシュ国下痢症疾患研究所(2002)
(Workshop on Emerging and Re-emerging pathogens)

連合王国ロンドン大学公衆衛生・熱帯医学部(2005)
(Travel Medicine Short Course)

水野泰孝医師の病院(クリニック)はどこ

水野泰孝医師が院長を務める病院はグローバルヘルスケアクリニックです
場所は 東京都千代田区麹町3丁目12-2 麹町MSビル 1階にあります

水野泰孝医師は2018年に東京医科大学病院を退職し
フリーランスになりグローバルヘルスケアクリニックを
開業されたんだそうです

水野泰孝医師は結婚してる?嫁や子供は

医師歴25年の水野泰孝医師ですがイケメンですね~

水野泰孝医師の結婚してるかどうかの情報ですが
今のところ明らかになっていません

ですが、綺麗なお嫁さんと子供さんがいてとても素敵な
お父さんって感じがしますね

水野泰孝の新型コロナウイルス関連情報

まとめ

今回は、感染症の解説者としても活躍する水野泰孝医師について
調べてきました
今後も問題となってくる新型コロナウイルスの広がり
水野泰孝医師の分かりやすい解説で教えてほしいですね

タイトルとURLをコピーしました