ながら運転厳罰化 2秒って短くない?取り締まり方と言い訳は通用するの?

12月1日から始まったながら運転の厳罰化。
スマホなどを車の運転中に操作しながら今まで多くの
悲惨な事故が発生してきました

ながら運転により、被害がここ10年で2倍というデータも出ていることから
今後警察による取り締まりもかなり増えそうですね

ですが、スマホ操作やナビなど運転中に2秒以上見たら
厳罰の対象って、実際どうやって取り締まりをするのか?

また、車の運転手が「ながら運転してません」と言ったとき
その言い訳は通用するのか?

調べていきたいと思います

スポンサードリンク



ながら運転の定義

警視庁が発表した12月1日から対象となるながら運転の
定義は以下の通りです

走行中にスマートフォンなどの携帯電話などを使用したり、カーナビゲーション装置などに
表示された画像を注視したりすることにより、周囲の交通の状況などに対する注意が
不十分になると大変危険です。走行中はスマートフォンなどの携帯電話などを使用したり、
カーナビゲーション装置などに表示された画像を注視したりしてはいけません。

警視庁が発表したながら運転の定義は大きく分けて

・走行中にスマートフォンなどの携帯電話などを使用(2秒以内)

・カーナビゲーション装置などに表示された画像を注視(2秒以内)

です

(※罰則は以下に紹介しています)

スポンサードリンク



ながら運転罰則化 引かれる点数と反則金は

引用:https://www.fnn.jp/

ながら運転で引かれる点数ですが罰則化されるまでの1点にたいし
12月1日からは3点です

免停までの点数が通常6点なので実質2回のながら運転で警察に
見つかった場合、車の運転ができなくなってしまいます

ながら運転の反則金の引き上げは、いくらに?

ながら運転で捕まった場合、反則金も
6000円だったのが、18000円に変わります

今まで罰則と比べると、かなり高額ですし現状を見る限り
ながら運転により罰則金を支払う人もかなり増えると予想できます

ながら運転のルール 2秒って?

車の運転をしてる途中どうしても出なきゃいけない電話や
ナビなどを確認することはあるという方も多いと思います

でもそれをやってしまい警察に捕まると上で紹介した
罰則が待っていて、免停にもなりえません

しかし、スマホを触っていただけで2秒ってちょっと短すぎない?
と思うのも事実です

1.2・・・

はい、これで

点数3点減点

後日18000円支払ってね!!

って・・・・

ちょっと短すぎます

今後の警察の取り締まり方法に注目が集まる所ですが
現実的に2秒で罰則というのは難しいような気がしますね

警察の取り締まりは?

今までもながら運転の取り締まりはありましたが
今後いっそう強化されるようです

実際どんな取り締まりなのか?

①一般道でのながら運転の取り締まり

シートベルトやスピード違反などと一緒で

A.違反行為を見る警察官
B.ながら運転をした車両を停止させ、切符作成をする警官

Aの警察官が「あの車ながら運転してるな1・・・2・・・3」

Bの警察官に合図を送り

Bの警察官が「サイレンを鳴らし前の○○!左に寄せて止まりなさい!」

と車両を停車させ罰則の切符を切る

②高速道路でのながら運転の取り締まり

料金所やインターチェンジに違反行為を見る警察官Aと
停止・検挙担当の警察官Bが取り締まります

Aの警察官がBの警察官に無線などで連絡しながら運転をした
車両を検挙

この他にも警察が、運転中の車に並走し
「はい、運転しながらスマホ操作したよね」と
取り締まる場合も

今回は取り締まりが強化され2秒以上という事ですが
ながら運転していたしていないの水掛け論にも発展する可能性は?

言い訳は通用するのでしょうか?

ながら運転、スマホ操作、ナビは見てないの言い訳は通用するのか?

ながら運転の罰則が2秒以上でスマホや携帯を操作したり
カーナビを注視したらと聞くと

罰金の額や点数の減点など免停になる可能性を考えると

スマホいじってないし!!

証拠ないじゃん

ナビじゃなくてゴミが落ちてたから見てました

など言い訳が出てきそうです

ですが基本、警察官に一度検挙されたら言い訳は通用しません

ながら運転の罰則を言い訳で乗り越えようとした場合警察官は

・携帯電話の着信歴、発信歴の確認

・LINEやメールなどの送信、着信の確認

・使用歴、アクセス時間の捜査

などをします

それでも認めないとなった場合でも切符は切られ、後は
裁判所に行ってくださいと言われ終わりです

警察官も2秒以上見ている

ながら運転の厳罰化により2秒以上スマホや携帯を操作したり
ナビを注視したらという風になりましたが、警察官も10秒から
20秒は見ていると思われます

言い訳をしたところでかなりの可能性で罰則がなくなることは
無いと思うので今後、細心の注意を払って車の運転をする必要が
あるでしょう

まとめ

今回はながら運転の罰則強化の2秒ルールや取り締まり方に
ついて調べきました。
ながら運転により事故が多発し、身を覆いたくなるような悲惨な事故も
あったのでながら運転の強化に反省の声が多いのもうなずけます

ただ2秒とか取り締まり方について少し疑問が残ったり
との声もあるようです

実際ながら運転で捕まった人もこれから増えそうですし
また何か情報が入り次第記事を作成していきます

スポンサードリンク



最新記事はコチラ

このブログでは今気になる情報をお届けしています。

少しでも「役に立ったな!」「面白かった!」と思っていただければ幸いです。

励みになるので

フォローボタン、シェアボタンをぜひお願いいたします^^

↘  ↙

 
最新情報をチェックしよう!