人生会議とは?ポスター停止の理由と批判内容 過激すぎると反対の声

厚生労働省が「人生会議」という取り組みでポスターの
発送を中止するとのニュースが飛び込んできました

人生会議はお笑い芸人の小藪千豊さんが病院のベッドで
鼻に管を入れまさに余命があとわずかといった感じのポスターで
かなりリアルで過激な内容のようです
今回は「人生会議とは?ポスター停止の理由と批判内容 過激すぎると反対の声」
について調べていきます

スポンサードリンク



人生会議とは

人生会議とはについて厚生労働省のホームページは

「人生会議」とは、もしものときのために、あなたが望む医療や
ケアについて前もって考え、家族等や医療・ケアチームと繰り返し話し合い、
共有する取組のことです。 …

と書いてあります

もし、命の危機が迫った時に家族や友人、恋人などに
自分の想いを正しく伝えられるように前もって人生会議を
しておきましょうという内容のようです

確かに自分が、事故や事件に巻き込まれ意識がないときに
本当はこうしたかったとか、こうしてほしいなど伝えることができません
からね

スポンサードリンク



人生会議のポスター 小藪千豊が病院のベッドでが訴える内容が過激すぎ

厚生労働省が人生会議を広めようと作られた11月25日に発表された
ポスターの内容

お笑い芸人の小藪千豊さんがベッドの上で管を入れられ心の中で
訴える言葉を見ていきましょう

《まてまてまて

俺の人生ここで終わり?

大事なこと何にも伝えてなかったわ

それとおとん、俺が意識ないと思って

隣のベッドの人にずっと喋りかけてたけど

全然笑ってないやん。

声は聞こえてるねん。

はっず!

病院でおとんのすべった話聞くなら

いえで嫁と子どもとゆっくりしときたかったわ

ほんまええ加減にしいや

あーあ、もっと早く言うといたら良かった!

こうなる前に、みんな

「人生会議」しとこ》

文面だけ見ると少し笑いの要素もあるものの
あまり重くなくああ、人生会議って大事かも!!といった
無いように感じました

ただ、このポスター、かなり怖くて暗いイメージがありますし
現時点で同じ境遇にいたり経験をした遺族からすると
反対の声が出るというのも分らなくはありませんね

人生会議に世間の反応は

人生会議について世間の声ですが意外にポスターの停止について
「えっ?なんで?」「意味が分からない」みたいな
意見が多かったですね

どこがいけないのかわからないとの声もある一方

そもそも吉本興業に委託したのが間違いとの声も
あるようです

まとめ

今回は「人生会議とは?ポスター停止の理由と批判内容 過激すぎると反対の声に
ついて調べてきました

ポスターの文章だけ見るとちょっと笑えるユーモアがある
感じですが実際に家族を見送るときの感情とは大きく違うような
気もしますね

最後までお読みいただきありがとうございました

スポンサードリンク



最新記事はコチラ

このブログでは今気になる情報をお届けしています。

少しでも「役に立ったな!」「面白かった!」と思っていただければ幸いです。

励みになるので

フォローボタン、シェアボタンをぜひお願いいたします^^

↘  ↙

 
最新情報をチェックしよう!