ジョンベネ事件 真犯人は逮捕されたの?家族の現在は?母親が脅迫状を

テレビ・動画

ジョンベネ事件 真犯人は逮捕されたの?家族の現在は?母親が脅迫状を

1996年12月に起きた6歳の少女が殺害されたジョンベネ事件で
今年1月に真犯人が殺害を自供するというニュースが飛び込んで
きました

ジンべネ事件は事件発生から20年以上真犯人が見つかっていなくて
迷宮入りとなっていまた事件です

ジョンベネ事件で家族の現在や母親が脅迫状を出したというのは
本当なのか?

ジョンベネ事件 真犯人は逮捕されたの?家族の現在は?母親が脅迫状を
と題して調べていきたいと思います

スポンサードリンク



ジョンベネについて

ジョンベネちゃんのフルネームはジョンベネ・パトリシア・ラムジー
(JonBenet Patricia Ramsey)

3歳から美少女コンテストに出場しグランプリを何度も獲得

「美少女コンテストの女王」とよばれ両親も将来を
期待していたようです

ジョンベネの家族

ジョンベネの家族はいわゆるセレブで大富豪一家だったようです

父親はコンピューター関連の会社を経営しており日本円にして
年間の売り上げが1000億円以上との事

凄いですね~

ジョンベネの家族は全米1%に入るほどの超お金持ちでもちろん
その情報は犯人も知っていたようです

ジョンベネの母親は元ミス・ウェストバージニアのパトリシアさん

ジョンベネちゃんには自分がかなえたかったミス・アメリカに
なれるよう、積極的にコンテストに参加させたりマネージャのような
事もしていました

スポンサードリンク



ジョンベネの3歳上の兄のバーク

ジョンベネの事件が起きた時は9歳という事に
なります。
兄のバークはジョンベネが美少女コンテストなどで
優勝し家族、周りからちやほやされるのをどう思って
いたんでしょうか

ジョンベネ事件とは?

1996年コロラド州ボルダーで当時6歳だった
ジョンベネちゃんが自宅地下から遺体で
発見された事件

ジョンベネちゃんは美少女コンテストで何度もグランプリをとるほど
可愛い少女でした

事件は1996年、ジョンベネは家族らとクリスマスパーティに
出席していたようです
そしてパーティが終わりジョンベネの父親は車の中で眠ってしまった
彼女を抱きかかえベッドまで連れていきました

26日の朝になってジョンベネの母親が「私の娘のジョンベネが誘拐された」
との電話

自宅の階段やキッチンなど合計3枚の脅迫状が置いてあったようです

その中身は「警察には連絡するな。午前8時から10時ごろに連絡する。
警察に連絡したら娘を殺す。金を用意しろ」などと
書かれていたんだそうです

しかしその後指定された午前10時になっても犯人からの連絡は
何もなくその後自宅の地下室からジョンベネの遺体が発見しされて
しまいました

ジョンベネの死因は?

ジョンベネちゃんの死因はスタンガンで意識を失わせ
頭部を2度殴打され首を絞められるという何ともむごい犯行

犯人はジョンベネちゃんの爪には本人以外の皮膚が
あったんだそうです

現場近くには犯人が持っていたと思われる懐中電灯も
落ちていたようですが指紋はきれに拭き取られ、手掛かりが
つかめずじまいでした

警察のミス

ジョンベネがいないと母親から通報を受け駆けつけたのが
ボルダー警察の巡査

その後、ジョンベネの遺体が発見されます

捜査の基本である現場では手掛かりになるものには家族であっても
触らせないというのがセオリーですが巡査は。ジョンベネの
両親が泣きながら部屋にあるものをあちこち触るのを静止させませんでした

その結果ジョンベネの遺体に付着していたと思われる物的証拠能力を
失い調べることが不可能になったんだそうです

ジョンベネ事件で家族が疑われる

クリスマスパーティから帰り父親がベッドで寝かしたのが
12月25日の20時30分

そして母親のパトリシアがジョンベネがいなくなり脅迫状を
発見。警察に通報したのが早朝の5時52分です

パーティからジョンベネの家族が帰ってきて約9時間の間に
起きたこの事件

犯人が忍び込んでいた可能性もありますが短時間というのと
遺体が自宅という事実。

まずは家族が疑われます

まぁ、そうですよね

父親と母親の動機などを聞かれ兄のバークも疑われます
兄のバークは兄が持っていた鉄道模型のおもちゃの連結部分と
ジョンベネちゃんの遺体の傷が一致したと言う理由でした

しかし当時、兄は9歳ですし父親が「息子は関係ない」と拒否。

兄のバークは事件から20年後テレビのインタビューで
家族の潔白を語っていました

母親が犯人 脅迫状を書いていた?

ジョンベネ事件で犯人は父親と母親に対し身代金は11万8000ドル
を要求していたんだそうです

この11万8000ドルは当時、1400万円くらいで身代金にしては
安すぎます

金持ちの娘を誘拐し金を要求するなら最低億単位が
普通ではないでしょうか?

そしてこの11万8000ドルは父親のボーナスと同額だったんです

11万ドルならまだわかりますが11万8000ドル

中途半端な額ですね

これは偶然と呼ぶにはかなり怪しい

となると普通に考えて父親は自分の金だし自作自演をする動機もない

兄はまだ9歳です

となると脅迫文を書いたのは母親のではとの疑いが・・・

実際警察が調べてみるとジョンベネの母親が脅迫状を書いた
可能性が高いと判断
それにジョンベネの口に貼ってあった黒いガムテープに
母親が着ていたジャケットの繊維のようなものもついていたんです

ガムテープに繊維がついていたというのは家のものであれば
以前についた可能性も考えられなくもないですが、筆跡も
酷似となると疑ってしまいますね

ジョンベネの母親は心労が重なり2006年に死去します

2006年にタイ・バンコクで元教師の米国人男性が容疑者として逮捕されますが
DNA検査の結果一致せずに釈放

2008年にはDNA検査をジョンベネの家族も受け無罪と潔白が証明されます

ジョンベネ事件 2019年に真犯人が現れる

ジョンベネ事件から23年後の2019年に真犯人が自供したという
ニュースが世界中に流れました

真犯人の名前はゲイリー・オリバ容疑者です

児童ポルノの容疑で服役していたようです

オリバ受刑者の高校時代のクラスメイトが「ジョンベネ事件」に
関わっているという確信があり発覚

手紙によると「私はジョンベネのように誰かを愛したことはなかった。しかしジョンベネを脱がし、
頭を割って死なせてしまった」と書いてあったようです

スポンサードリンク



コメント

タイトルとURLをコピーしました